Skip to main content
がん

がん


がんって何ですか?

がんとは、類似の病気を幅広く指す総称です。100種類以上のがんがありますが、そこには多くの共通点があります。 がんは、異常な細胞が極端に増殖することであり、自分自身でその増殖を止めたり、死滅させることはできません。 このような異常な細胞は、体の一部から別の部分へと広がり、健康な細胞を破壊してしまうことがあります。

がん細胞はしばしば腫瘍と呼ばれる塊を形成しますが、「腫瘍」という言葉は必ずしも「がん」または「悪性」を意味するわけではありません。「良性」または非がん性の腫瘍もあります。
白血病のような一部のがんの場合、腫瘍は全くなく、その代わりに、血液細胞や体内の他の細胞で増殖するものもあります。

がん細胞は、体内のどこででも増殖を始めることができます。その細胞がどこにあるかにより、がんに別の名前が付けられ、治療も異なります。例えば、肺の中のがん細胞は、肺がんと呼ばれます。がんは発生した体内の部位により大きく異なり、とても速く増殖・拡大するがんもあれば、とてもゆっくりと増殖・拡大するがんもあります。また、医師にとって、良い治療法が存在するがんもあれば、治療法があまりない、あるいはまったくないがんもあります。

 


関連リンク : ブラキサポート