Skip to main content

がん


原因と症状

がんの原因は何ですか?

がんの原因は、完全に解明されているわけではなく、多くの種類のがんは原因不明です。同じ危険因子をもっていても、がんに罹患している人とそうでない人がいる理由はわかっていません。

医師や科学者達は、がんの一般的な原因の一部を理解しています。例えば、喫煙は肺がんの主な原因であり、日光は皮膚がんの主な原因です。

多くの種類のがんは原因不明ですが、がんの危険因子は既に多く知られています。危険因子は、がんと密接に関連しており、がんの発症率が高くなります。

がんには、どのような症状がありますか?

がんには多くの症状があります。症状のないがんも存在します、また発症から長い期間が経過し重症化するまで、症状が現れない場合もあります。がんの症状は、全身にさまざまな形で現れます。

一般的な健康状態の変化:

  • 発熱、悪寒、夜間の発汗

  • 突然の、意図しない体重変化

  • 慢性的な痛み

  • 全身の具合が悪い、または気分の悪さが続く

  • 筋肉や関節の痛みが消えない

エネルギーレベルの変化:

  • 恒常性な疲労感

  • 不眠

皮膚の変化:

  • 皮下の腫れ物

  • 色の変化、触ったときの痛み、ほくろの変化など、皮膚のその他の変化

  • 出血または挫傷

摂食、呼吸、および消化に関連する変化:

  • 食欲不振

  • 排便または排尿習慣の変化

  • 持続的な咳または呼吸障害

  • 嚥下困難

  • 嗄声(声のかすれ)

  • 持続的な消化不良または食後の不快感

  • 持続性の下痢、便秘、または血便

これらの症状やその他の心配な症状がある場合は、医師に相談してください。