Skip to main content
PAD

末梢動脈疾患 (PAD)とは?


末梢動脈疾患 (Peripheral Arterial Disease: PAD) は、体に血液を供給する動脈に影響を与える病気で、最も一般的な症状として足への血流が妨げられます。8

動脈は、心臓から体の他の部分へ血液を運ぶ血管です。8 動脈内にコレステロールや瘢痕組織がたまると、血管が狭くなります。コレステロールや瘢痕組織がたまってプラークができると、動脈の内側がブロックされて血流が悪くなり、一般的にアテローム性動脈硬化症と呼ばれる状態になります。血流が妨げられると、血液、酸素、および栄養素が腕や足などに流れなくなってしまいます。8


 

原因

PADを引き起こす最も一般的な原因は、アテローム性動脈硬化症です。動脈硬化は、喫煙、糖尿病、高血圧、血中コレステロール値の上昇、または遺伝的な要因などにより悪化する場合があります。8

症状

PADの最も一般的な症状は、間欠性跛行症です。体を動かす活動を行っている時に、足の筋肉に疲労、痛み、不快感が生じ、休息するとすぐに症状が治まります。この痛みは、動脈の詰まりによって血液が動いている筋肉に到達しなくなることにより生じます。8 その他には以下の兆候があります。23

  • 足およびつま先の焼けるような痛み

  • 痛みを伴う足のけいれん

  • しびれ、脱力感、または重苦しさ

  • 足の皮膚の冷え

  • 糖尿病足

  • 脱毛

  • 慢性的な痛み

  • 壊疽

PADの初期段階においては、症状が表われるとは限りません。身体は、詰まった血管周辺を「迂回」する小さな代わりの動脈を作ることで、問題を解決しようとする場合があります。6 これは一時的な解決策に過ぎず、PADの治療を行わない場合、心臓発作や脳卒中などのリスクが高まる場合があります。1

危険因子

末梢動脈疾患の発症のリスクを高める因子には、以下が含まれます。5

  • 喫煙

  • 糖尿病

  • 肥満(肥満度指数:BMIが30以上)

  • 高血圧

  • 高コレステロール

  • 加齢 - PADは、50歳を過ぎるとリスクが高まります

  • 民族性

  • 家族に末梢動脈疾患、心臓病、脳卒中の人がいる

診断

PADの明確な症状が現れない成人も多く、痛みを加齢の通常の症状であると誤って考え、医師に報告しない場合があります。結果として、PADの診断が行われずに過ぎてしまいます。6 ですから、冠動脈疾患のリスクが高い場合は特に、歩行中に足の痛みを感じたり、足に潰瘍ができたりした場合には、検査を受けることが重要です。6 大抵の場合、以下の方法で診断が行われます。

身体検査および既往歴

医師は検査を行い、足の脈を診たり、高血圧、心臓の異常、頸部動脈の閉塞を確認したり、足の色の変化、潰瘍、炎症、傷などを調べたりします。いずれかの症状が認められる場合、別の検査が行われる場合もあります。症状、過去の病歴、家族の病歴、冠動脈疾患とPADの危険因子に関していかなるものであれ、医師に伝えてください。

血流測定(ABI)

ABI(足関節/上腕血圧比)は、PADが疑われる場合の一般的な検査です。ABIでは、症状がある場合もない場合も病気の診断が行えるからです。この検査では、足首の血圧と上腕の血圧を比較します。PADは、つま先の足趾/上腕血圧比(TBI)や動脈の血流のドップラー超音波検査など、血流や血圧を測定する他の検査でも診断することができます。4

血管造影

動脈を撮影して、血流の詰まりがないかどうか調べる場合もあります。血管造影法とは、血管のX線写真を撮り、医師が狭くなった血管や閉塞を調べる医療処置です。これにより、医師は症状に対する処置が適切かどうかを見極めることができます。


参考文献

  1. About Peripheral Artery Disease (PAD).(2016, November 17).http://www.heart.org/HEARTORG/Conditions/VascularHealth/PeripheralArteryDisease/About-Peripheral-Artery-Disease-PAD_UCM_301301_Article.jsp#.WMdEQfkrK01 より引用
  2. Kerr, D. (2012). Recognition of the signs of Peripheral Arterial Disease (PAD) and the evaluation of ulcers.Wound Practice & Research, 7.
  3. Ogrin, R. (2007). Review of podiatry relevant aspects of peripheral arterial disease in people with diabetes: part two -- management. Australasian Journal Of Podiatric Medicine, 41(1), 7-12.
  4. PAD: What can I expect? (2013). Retrieved from http://loveyourlimbs.com/what-to-expect/
  5. Let’s learn about vascular disease - Risk Factors. Retrieved from http://loveyourlimbs.com/pad-cli/
  6. Vascular Disease. (n.d.). Retrieved from http://cardiacspecialists.com/services-procedures/vascular-disease/
  7. Serrano Hernando, F. J., & Conejero, A. M. (n.d.). Peripheral Artery Disease: Pathophysiology, Diagnosis and Treatment. Retrieved from http://www.revespcardiol.org/en/peripheral-artery-disease-pathophysiology-diagnosis/articulo/13114115/
  8. Mohler, Emile R., and Alan T. Hirsch. 100 Questions & Answers about Peripheral Artery Disease (PAD). Sudbury, MA: Jones and Bartlett, 2010. Print.