Skip to main content

末梢動脈疾患 (PAD)の治療法


PDAの治療には、症状の重症度に応じて、非侵襲的および低侵襲的な選択肢があります。PADの初期段階と関連した症状である跛行は、多くの場合は投薬と生活習慣の改善によって治療することができます。生活習慣の改善には、定期的な運動や健康的な食事などが含まれます。1 詰まった動脈の血流を回復するために、インターベンション療法が必要な場合もあります。治療法に関する詳細は以下をご参照ください。各治療法には限界、リスク、予測される合併症があるため、担当医師と相談する必要があります。

従来のバルーン血管形成術

狭くなった血管を広げる最も一般的な治療法は、血管形成術用バルーンを使ったものです。この低侵襲的治療は、足の付け根から小さなバルーンを挿入し、X線を使って病変部位まで移動させて行います。狭くなった血管内でバルーンを膨らませ、プラークを血管壁に対して押しつけて血流を回復させます。 最後にバルーンをしぼませてから再び動脈を調べ、さらにインターベンションが必要かどうかを見極めます。1

薬剤コーティングバルーン血管形成術

医師は、薬剤コーティングバルーン(DCB)血管形成術により、塞がった血管の治療を行う場合もあります。この治療法は、従来のバルーン血管形成術と同様ですが、バルーンには薬剤コーティングが施されています。皮膚の小さな穴からバルーンを挿入し、X線を使って病変の部位まで移動させて行います。バルーンが閉塞部位を機械的に広げると同時に、血管をより長時間広げるために必要な薬剤が投与されます。

ステント留置

医師が考慮する可能性のある別の治療法として、自己拡張型ステント留置術があります。ステントとは、血管を広げるために動脈内に恒久的に留置させる金属でできた網目の小さなチューブです。 病変部位にステントを留置させると、穏やかな一定の力が外側に向かってかかり、動脈を広げて適切な血流を回復させるのに役立ちます。2

血管バイパス手術

時折、血管内治療(通常脈管構造に小さなカテーテルを挿入して行う低侵襲的治療)で治療できない閉塞(血栓)が動脈内に見つかる場合があります。医師の診断に基づいて、バイパス移植を受けるため外科医を紹介される場合があります。
 
その他の治療法に関する情報については、www.LOVEYOURLIMBS®.COM(米国サイトへのリンク)にアクセスしてご覧ください。


参考文献

  1. http://loveyourlimbs.com/what-to-expect/
     (Love Your Limbs:Post Treatment)
  2. Kerr, D. (2012). Recognition of the signs of Peripheral Arterial Disease (PAD) and the evaluation of ulcers.Wound Practice & Research, 7.